無料レポート| ドライアイ相談所| ドライアイの原因|  ドライアイ対策|  目薬の差しすぎは逆効果?|  ブルーベリーは目にいい?| ルテインはドライアイに効く?| レーシック手術|

ブルーベリーはなぜ目にいいか? についてわかりやすく書いています。

ブルーベリーはなぜ目にいいか?

ブルーベリーは鮮やかな濃い青色をしています。この青色の色素をアントシアニンといいます。ブルーベリーの皮にはこのアントシアニンがたっぷりと含まれています。主に紫外線から果実を守るためと考えられています。

ブルーベリーが目にいいと言われていますが、正確に言うと目にいいのは、アントシアニン色素です。

網膜にある色素でロドプシンとうものがあります。このロドプシンが光を分解して、脳に光の情報を送っているのです。
ロドプシンは分解するとすぐに再合成されます。しかし、様々な理由によりがうまくできなくなることがあります。こうなると、なんだか目が見えにくい、目が疲れるといった不快感を味わうようになります。

アントシアニンは、このロドプシンの再合成を手助けすると言われています。これによって目が疲れにくくなるのです。

それでは、いったいどのくらいの量のブルーベリーを食べれば、十分な量のアントシアニンを摂取できるのでしょうか?

生の果実ならば、1日に90グラム、約45〜90粒です。実際にこれだけの量を毎日食べるというのはなかなか難しいですよね。ブルーベリーエキスならば120mgです。
ジャムやケーキ、酢など様々な加工品がありますが、現実として十分なアントシアニンを摂るにはサプリメントを利用するのがいいでしょう。



| ブルーベリーについて


ブルーベリーの種類いろいろ<<  >>アントシアニンとは・・・
ブルーベリーはなぜ目にいいか?のTOPへ

ブルーベリーで疲れ目対策のTOPへ

ブルーベリーで疲れ目対策をお読みになったご感想はいかがでしょうか?

ブルーベリーの効果について、もっと知りたいことはありませんか?
もっとブルーベリーやアントシアニンの効果について、
詳しく知りたいことがありましたら、以下からお調べ下さい!

>>目次

ブルーベリーについて/ アントシアニンとは?/

>>キーワード目次

ブルーベリーってどんな果物? /ブルーベリー栽培 /ブルーベリー種類 /ブルーベリーは目にいい/ アントシアニンとは?/ アントシアニン効果/ アントシアニン効果2/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。