無料レポート| ドライアイ相談所| ドライアイの原因|  ドライアイ対策|  目薬の差しすぎは逆効果?|  ブルーベリーは目にいい?| ルテインはドライアイに効く?| レーシック手術|

アントシアニンの効果 についてわかりやすく書いています。

アントシアニンの効果

アントシアニンはなぜ、眼にいいのでしょうか?
アントシアニンは、網膜にあるロドプシンと呼ばれる物質を再合成するのを助ける作用をします。

ロドプシンは眼に入ってきた光によって分解されて、脳に光の情報を送ります。その後、ロドプシンは再合成されるのです。ものが見えるのは、ロドプシンの分解と再合成の繰り返しがおこなわれているからです。
疲れ目などの症状はロドプシンの再合成が追いつかなくなってしまっている状態なのです。

アントシアニンを摂取することで、ロドプシンの再合成を促進する=疲れ眼に効くということなのですね。

では、アントシアニンの有効な摂取量はどのくらいなのでしょうか?

ブルーベリーエキスで考えると、1日に200mg前後が必要とされています。これだと、乾燥ブルーベリーだと12〜25g、ジャムでは40〜90g、生の果実では60〜300gは摂取しなければいけません。
毎日、これだけの量を食べるのは大変ですよね?
そんなときは上手にサプリメントを使いましょう。
サプリメントの選び方ではアントシアニンの含有量が重要になります。購入前にチェックしましょう。
アントシアニンは即効性の効果が期待できます。摂取後4時間ほどで、約24時間効果が持続するのです。



| アントシアニンとは?


アントシアニンとは・・・<<  >>アントシアニンの効果は眼だけじゃない!
アントシアニンの効果のTOPへ

ブルーベリーで疲れ目対策のTOPへ

ブルーベリーで疲れ目対策をお読みになったご感想はいかがでしょうか?

ブルーベリーの効果について、もっと知りたいことはありませんか?
もっとブルーベリーやアントシアニンの効果について、
詳しく知りたいことがありましたら、以下からお調べ下さい!

>>目次

ブルーベリーについて/ アントシアニンとは?/

>>キーワード目次

ブルーベリーってどんな果物? /ブルーベリー栽培 /ブルーベリー種類 /ブルーベリーは目にいい/ アントシアニンとは?/ アントシアニン効果/ アントシアニン効果2/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。